December 2014

Ubuntu 14.04 LTS での Kicad with Scripting Support のコンパイル

ボードを面付けするのにkicadPanelizerを使いたかったが,先日インストールしたKicadはPythonでのスクリプト機能がオフになっているようなので,再インストールを試みたところ,パッケージの問題でハマったのでメモ.

1)kicad-install.sh の以下のOPTSの行のコメントアウトを外し,有効にする.

# Python scripting, uncomment to enable
OPTS="$OPTS -DKICAD_SCRIPTING=ON -DKICAD_SCRIPTING_MODULES=ON -DKICAD_SCRIPTING_WXPYTHON=ON"


2)スクリプトを実行すると,おそらく Ubuntu 14.04 LTS の場合は以下のエラーが出て実行が中断してしまう.
E: Unable to locate package python-wxgtk3.0-dev
E: Couldn't find any package by regex 'python-wxgtk3.0-dev'


これは Ubuntu 14.04 LTS の標準リポジトリに上記ライブラリが無いためで,以下のようにリポジトリを追加し,"$ sudo apt-get update"をする.
$ sudo add-apt-repository ppa:adamwolf/kicad-trusty-backports
This PPA contains backports to Trusty so KiCad can continue to work properly.
More info: https://launchpad.net/~adamwolf/+archive/ubuntu/kicad-trusty-backports
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding it

gpg: keyring `/tmp/tmposdg_ukj/secring.gpg' created
gpg: keyring `/tmp/tmposdg_ukj/pubring.gpg' created
gpg: requesting key 697B014A from hkp server keyserver.ubuntu.com
gpg: /tmp/tmposdg_ukj/trustdb.gpg: trustdb created
gpg: key 697B014A: public key "Launchpad PPA for Adam Wolf" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg: imported: 1 (RSA: 1)
OK

参考リンク:
https://launchpad.net/~adamwolf/+archive/ubuntu/kicad-trusty-backports

3)kicad-install.sh を実行してインストールすれば完了.Version Informationを見れば,KICAD_SCRIPTING=ONになってるはず.
※再インストールをの場合,一度ソースを消してクリーンインストールしないと,KICAD_SCRIPTING=OFFのままになることがあるので注意する.私はこれで数時間悩みました.

Comments

Kicadインストール

VMware上のUbuntu 14.04 LTSへKicadをインストールしたので,インストール手順をメモっておく.

インストール


ここからヘルプスクリプト(kicad-install.sh)をダウンロードし,実行する.インストール最中に度々(y/n)が出てくるけど,全部yで進める.私の環境ではだいたい40分程度(ほとんどソースファイルのダウンロード)かかった.

インストール後はターミナルで kicad と打つとソフトウェアが起動.

フットプリントライブラリはローカルリポジトリを参照するように変更


まず,ライブラリのローカルリポジトリを作成する
cd ~/kicad_sources/kicad.bzr/scripts
./library-repos-install.sh --install-or-update

フットプリントテーブルの参照先を変える.
cp /usr/local/share/kicad/template/fp-lib-table.for-pretty ~/.config/kicad/fp-lib-table 
export KISYSMOD=$HOME/kicad_sources/library-repos/

KISYSMODを.bashrcなどの環境設定に組み込めば,次回からライブラリがローカルリポジトリを参照するようになる.

参考:
Kicad Tutorial 12/2014 - Part 1/12 - Installing Kicad

Comments