TeXShopでdvipdfmxmkを使えるようにする

TeXで文章を書く際に私はTeXShopを使っているのですが,目次や参照ラベルを更新する際に手作業でコンパイルを複数回実行するのがわずらわしいと常々感じていました.タイプセットにpdflatexmkが含まれているものの,日本語のtexファイルをコンパイルするとエラーが出てコンパイルできません.どうしたものかと悩んでいたところ dvipdfmkxmk をいじれば出来るようなので,やってみました.
ちなみにMacの作業環境は OSX 10.9.4, MacTeX2014, TeXShop 3.41です.

1) 無効になっているdvipdfmxmkを有効にする.以下のコマンドでdvipdfmxmk.engineをコピーします.
$ cp ~/Library/TeXShop/Engines/Inactive/Latexmk/dvipdfmxmk.engine ~/Library/TeXShop/Engines/

2) ~/Library/TeXShop/bin/tslatexmk/dvipdfmxmkrc の latex コマンドを platex へ変更する.
# DO NOT EDIT OR COPY THIS FILE. TEXSHOP WILL AUTOMATICALLY UPDATE IT
# special latexmk settings for Herb Schulz
#$latex = 'latex --shell-escape --synctex=1 --file-line-error %O %S';
$latex = "platex $TSUserCompileOptions --synctex=1 --file-line-error %O %S";
$dvipdf = "dvipdfmx %O -o %D %S";
#$dvips = 'dvips -R0 %O -o %D %S';
#$dvips_pdf_switch = '-Poutline';
#$ps2pdf = 'ps2pdf %O %S %D';
#$ps2pdf = 'ps2pdf -dAutoRotatePages=\/None %O %S %D';

# if a bbl file is present but the generating bib file isn't available don't run bibtex. --- default in latexmk 4.13
#$bibtex_use = 1;


3) TeXShopを起動してタイプセットでdvipdfmxmkを選んで実行すれば完了です.

補足1:デフォルトのタイプセットをdvipdfmxmkにするには,タイプセットの設定画面で以下のようにすればOK.
dvipdfmxmk

補足2:なお,PDFの画像を取り込む際に行うextractbbもTeXShopで自動で実行させるには,奥村先生のTeX Wiki内の「
texmf.cnf への extractbb などの追加」が参考になります.
blog comments powered by Disqus